カレイド印刷

カレイドインキ(Kaleido®)による広演色印刷で、色彩豊かな表現

RGB画像を印刷で再現

RGBで表現される光の色域は、紙の上ではCMYKのインキに置き換えられ、色域が狭くなります。
カレイド印刷で用いる広演色インキ「カレイド(Kaleido®)」は、CMYKで表現しきれない色域をカバーし、色鮮やかな印刷表現を実現します。
さらに「カレイドプラス(Kaleido Plus®)」はグリーン、オレンジをプラスし、色再現領域を広げ、モニター画面上の色に迫る表現が可能になります。

Issue

目で見て感じたあの色を出したい

記憶に残る素晴らしい景色を色鮮やかに再現したい。

モニター画面上の色に近づけたい

印刷特有のCMYK変換による濁りをできるだけ抑えたい。

いままで再現できなかった色域を 広演色印刷(®)で実現

デザイン・写真編集ではデジタルデータはモニター画面上で制作されますが、印刷ではCMYKに変換されます。CMYKはRGBに比べて色再現領域が狭いため、思い通りの色を再現することができません。
この現状に対して、4色印刷機で6色・7色印刷に近く、広い色再現を可能とした4色枚葉プロセスインキが東洋インキの「Kaleido®」です。
特色インキのような鮮やかなCMYインキとK(スミ)で 印刷するため鮮やかな表現とともにシャドー部の締まりもしっかり再現できます。 4色プロセスインキでありながらAdobeRGBの色再現領域をほぼカバーできるKaleido®は、従来インキによる印刷ではできなかった鮮やかな色彩でデザイナーやカメラマンのニーズにお応えします。

広演色印刷(Kaleido®)と比べて色表現範囲が最大120%拡大するKaleido Plus® 2.0

Kaleido Plus® 2.0は、Kaleido®にさらにオレンジとグリーンのインキを加えることにより、より色域の広い再現性を発揮いたします。
印刷原稿の内容(画像の色彩傾向、無彩色部分の有無など)により、お客様のニーズに応じて使用するインキを選択し、色表現範囲拡大を達成します。

Case Study

カレンダーの風景画像を鮮やかに。

風景写真を写真家のイメージする色に近づけるため、カレイド印刷を採用。
通常のCMYKでは表現できなかったブルー、オレンジ系の色がRGBの色域に近い仕上がりになりました。

ご相談窓口

サービスに関するお問合せはこちらへ

TEL:03 3265 9861(受付時間: 10:00 17:00 土・日・祝日を除く)