社内報

インターナルコミュニケーションをサポートします

注目されるインターナルコミュニケーション

新型コロナウイルス感染対策で、多くの企業で導入されるようになったリモートワークやテレワーク。
そして働き方改革と相まって会社と従業員の関係性も変化を見せているようです。

 自宅での仕事が続き、「自分ひとりかもしれない」と感じたり、「新入社員と一度も顔を合わせた事が無い」とか、「画面の向こうのリモート会議の相手の表情から本心が分からない」といった新たな不安を持つ人が増えつつあるようです。
社員のモチベーションや帰属意識を保つのに重要な役割を持つ「インターナルコミュニケーション」。
そのツールとして、今また社内報や周年誌の果たす役割が注目されています。

冊子、WEB、アプリ、最適な媒体を通して、読まれる、伝わる社内報に

私たちは豊富な社内報制作経験を基に、ニューノーマル時代の働き方改革を進める潤滑油としての社内報活用をご提案します。
企業の構成年齢の変化や主管会社の推移、新しい事業の増加など旧来のコンテンツやメディアの継続では従業員の共感を得られにくくなっている場合もあります。
従業員のニーズも聞き取りながら、最適な媒体を考え、組織の一体感醸成や生産性向上、離職率減など様々な課題解決の一助となるよう、「社内報」の改革をサポートします。

Issue

リモートワークで社員の結びつきが心配

画面の向こうの社員の表情から本心が分からない。新入社員とも一度も顔を合わせた事が無い。

紙の社内報が読まれなくなった

誌面で意見募集しても若手社員から何の音沙汰もない。どうも読まれていないようだ。

社内報の運営体制が維持できない

兼任で担当しているので実務が忙しくなると社内報どころではなくなる。

社内コミュニケーションの重要性は理解しているが、何から手を付ければよいのか

外部コンサルタントも検討したが予算が合わなかった。

社内報専任スタッフが課題を解決します

社内報制作に経験豊富な専任スタッフがお客様の社内コミュニケーション課題をヒアリングし、改善効果のある社内報のコンサルティングをします。 必要となるコンテンツの提案から、媒体の選定、取材編集からデザインリニューアルまで、お客様と打ち合わせをしながら決めていきます。

社内報担当者の負担を軽減します

毎号のコンテンツの工夫、テーマ設定やインタビュー・座談会企画、表紙企画などご担当者に「読まれる、伝わるコンテンツ」の効果的な作り方をご提案します。

取材、写真動画撮影、デザインまで、全てお任せください。

取材や撮影の段取り、初めて実施する際にはなにから段取れば良いか分からないもの。数多くの現場経験のある私たちにおまかせください。

最適なメディア、配信方法を提案します。

冊子が良いか、WEBやアプリが良いか。全員にネット環境がないお客様もいらっしゃいます。お客様の業態や人員構成のヒアリングから最適な媒体をお勧めいたします。

ご相談窓口

サービスに関するお問合せはこちらへ

TEL:03 3265 9861(受付時間: 10:00 17:00 土・日・祝日を除く)